頻尿対策におすすめ!ノコギリヤシ配合のサプリ

妊娠中の頻尿


妊娠中の頻尿で悩んでいる方へ

妊娠すると女性の身体はたくさんの変化をしていきます。

おなかや胸が大きくなり、さまざまな場所に妊娠線ができたり、つわりに悩まされたり・・・。

その中の1つに「頻尿」があります。

妊娠中に1日に何度もトイレに行ったり、就寝後トイレに行きたくて3時間ごとに目を覚まして寝不足になったり。

身体や心の変化に付いていくのもやっとなのに、尿トラブルでの悩みも重大な悩みのタネです。

妊娠中に頻尿になるのは、できるだけ軽度に留めたいと誰もが考えることと思います。

妊娠中の頻尿の原因と対策を知り、妊娠中のツライ頻尿を軽くしちゃいましょう。

そもそも、なぜ妊娠中に頻尿が起きるのでしょうか。

その原因は3つあります。

子宮が大きくなるため

妊娠すると赤ちゃんが成長するために、子宮が大きくなっていきますよね。

赤ちゃんが育つ子宮の位置は、膀胱の裏側になります。

ですので、大きくなった子宮に膀胱が圧迫されるのが原因で尿を溜める膀胱が狭くなることで、頻尿になってしまうということなのです。

腎機能が活発になる

妊娠することで、血液や体液などの水分量が一気に増加します。

体内の水分量が増えることで、新陳代謝に関わりがある腎機能が活発になるのです。

血流がよくなった腎臓は、代謝がよくなることで尿が排出されやすくなります。

そのことで、頻尿となるのです。

ホルモンの影響

妊娠中はさまざまなホルモンが体内に分泌されます。

その中の1つに、子宮と膣を柔らかくする働きがある黄体ホルモンがあります。

その周りの筋肉も緩める働きもあるので、それが原因になって頻尿となるのです。

ホルモンの影響は、人それぞれで個人差がありますので妊婦さん全員に当てはまることではありません。

ですが、頻尿の原因と考えられています。

妊娠中の頻尿は生理現象の一つ

妊娠中の頻尿はツライことが多いですが、生理現象の一つとしてラクにとらえることも大切です。

直接対処する方法は、出産してしばらくしたら解消されるとしか言えません。

ですが、毎日のことですので少しでも解消したいですよね。

妊娠中の頻尿の対処方法

身体を温める

身体を冷やすと、トイレに行く回数がふえますよね。

これは、妊娠中だけに言えることではないのですが、体を冷やさないように温めるようにしましょう。

できるだけ冷たい飲み物は控えたり、お風呂で体を温めたり、レッグウォーマーなど冷え解消グッズを活用するのもよいでしょう。

お風呂に入る時間がないという人は、足湯をするだけでも身体がポカポカになってきますよ。

お腹まわりは特に冷やさないように注意しましょうね。

冷えてしまうと、お腹に力が入ってしまいます。

腹巻や腹帯を活用して冷やさないようにしましょう。

飲み物に気をつける

頻尿に悩んでいるときいは利尿作用のある、コーヒー・紅茶・緑茶などは避けた方がよいでしょう。

また、就寝後にトイレに起きるという人は寝る3時間前から水分を控えたり工夫をしてみましょう。

トイレに行きたくなったら我慢しない!

トレイに行く回数を減らしたいからといって、我慢し続けるのは危険です!

膀胱炎などの感染症を起こす場合もありますので、トイレには行く習慣を付けておきましょうね。

妊娠中の頻尿対策

妊娠中の頻尿はしかたがないことですが、咳をしたり重たいものを持ったときなどふとした瞬間に尿もれを起こしてしまうこともあるでしょう。

その時に下着を汚したくないですよね。

頻尿と上手に付き合っていくために、尿もれシートやおりものシートなどを活用するのもよいでしょう。